女子学生を応援することで、日本社会を輝かせる

私たちは「ママが自然体で働ける社会」をテーマに活動してきました。
特に3.11のあとは、被災地のママに希望の光を見出してほしいと願い、
「プチ起業」という働き方に着目。
全国で開催している「笑顔で働きたいママのフェスタ」では、
プチ起業の先輩ママと、新しい働き方に出会ったママたちが
とてもイキイキと会話をしています。

ただひとつ課題だと感じるのは、
ママが自分らしく働くスタイルを「ママになってから知る」ということ。
そして「ママを活用できている企業」はいまだに多くなく、
出産によってキャリアを中断せざるをえない女性が少なくありません。
仕事を選ぶ前、学生のうちからリアルな情報にふれていれば、
意識が変わり、行動が変わり、社会さえ変えられるはず―
そんな想いにたどりつきました。

私たちは、自分らしく楽しく働くママのリアルな声や姿を発信します。
女性を企業の大切な「人財」ととらえ、
活用できる制度や応援するムードがある、素敵な企業を紹介します。
そうして、女子学生にエールを送り続けます。
一方、企業には、女性に活躍の場を提供することで、
「企業が元気になる!」ことを体感していただけると信じています。

日本の経済復活のカギは「家庭に埋もれている女性の社会進出」。
それが、国内外の共通認識となり、
ウーマノミクスの波が一気に高まりつつある今、
みなさんと手を取り合い、
もっともっと一人ひとりが輝く、希望に満ちた日本をめざして―
私たちは始動します!